2018年10月02日

みかんは消臭に最適!

2017年12月から3月初旬までみかんを食べてました。2007年頃から糖尿病が気になり、食べるの止めてた。薬剤師の先生のアドバイスで食べ始めました。それで1月初旬から青汁も飲むようになりました。このころから3月中旬まで【くしゃみ・咳・吐き気】の反応が全て消えました。再発したのは、咳と時折吐き気?その要因は、のちに分かった、1月末から食べ始めた【キャベツの味噌汁とマヨネーズ】これが、この強烈な刺激臭・体臭があったであろう2月から3月中旬まで何を摂っていて、その時期に止めたかというと【みかん】です。青汁は3月中旬以降も毎日飲んでいました。この1月末からキャベツの煮物を食べているなら、今の感覚では1週間もあれば、体臭と刺激臭を発散する。それは、8月にキャベツのスープを試したら1週間前後で周りの反応がだ出て食べるのを止めた。少し雑ですが、周囲拡散型「胃臭」に【みかん】の消臭効果はとても良い!体臭にも良いと思われます。世の中の常識とは違うかな?胃臭に、みかんは刺激臭・体臭を消す助っ人です。これに青汁が加われば、尚更良いような気がします。私、みかんの入荷が楽しみです。ひょっとしたら【キャベツによる刺激臭に効果があるのか】みかんを食べられる約半年で探ってみます。走り書き
posted by 吉郷悟 at 09:29| Comment(0) | DAY by DAY

毎日がゼロクリア

思考はその都度新しい気持ちで動かす、例えば過去のログやメモは観ない。一度吐き出した思考はごみ情報だと私は考える。1か所だけ過去にいつ始めたかの更新履歴は日付を確認します。常に違った見方をしないと新しい発想も発見もないと思ってます。固定観念は邪魔もの、常識なんて思考の広がりに蓋をするようなもの。そうやって世の中にないものをいろいろ創ってきました。私は医者ではありません。私はメモはみない。全て頭の中でイメージがわいてくる。胃臭とPATMの相違もイメージで描いていて、将来的にいろんな共通点や相違点を描いていくと思ってる。それで中途半端な文言がいっぱいある。最初から答えはでません。いろんな思考の中で新しい発見や発明が出てくるでしょう。面白おかしく、楽しく、真剣に、この病を患っておられる方の苦しみ、悲しみ、悔しさもイメージしながら、近隣住民や隣人の苦しい反応も考えながら、瞬間々イメージを創ってます、発明や発見は出来上がった物は大したことはなく、それが新しい発見とか気づくこともあまりない。そんな発明もありますよ!それで、ここのブログは成果を表現しているのも少しありますが、その過程、プロセスも同時に公開しているので、どう変わっていくか?自分でもわかりません、たぶん、どうにかしたい!という思いが強いから、数年後には良い成果を創りあげてると思ってます。っということで毎日ゼロクリアを繰り返してますから宜しくです。走り書き
※私、白内障で老眼と思いますが、メガネかけてないから誤字脱字あったらごめんなさい!
posted by 吉郷悟 at 09:13| Comment(0) | DAY by DAY