2018年12月20日

睡眠は体内の修復・回復を促す

私が25歳前後に勤め先の総合病院が倒産して、一級建築事務所のお仕事を手伝うようになった。その時、電気工学の夜学に通っていたので、なかなか夜の睡眠が取れなかった。毎日昼間の仕事で疲れたまま、福岡市博多区住吉神社近くの電気専門学校に最初は列車で通学、病院勤務が無くなって車で通学。振り返れば、その時、カセットテープが記憶媒体のパーソナルコンピューターをいじってた。それで、仕事ー>夜学ー>夜は建物など図面を描く毎日、今は油脂の摂取を控えて病状改善してるように観えますが?それは、体内の筋肉(各種括約筋と気管支等)の緩みが原因で刺激臭の拡散が発生していたのではと思ってます。人は焼肉や炒め物など油脂をいっぱいとっても障害はあまりない。というより無いと思う。私の患った病気の原因は、下向き作業の連続と睡眠不足と偏った食生活だと思ってます。今から振り返れば、毎日8時間前後の睡眠をとって居たならば、胃臭のような病気になる事はないのでは?私は、今の段階でそう思います。8時間から10時間睡眠をとるように心がけています。ウェブサイトの更新の区切りで3時頃まですることはありますが、夜はお仕事はしないように注意したいと思います。十分な睡眠は体内の修復・回復を促す大切な生活習慣!走り書き
posted by 吉郷悟 at 12:45| Comment(0) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」