2018年07月12日

睡眠の向きについて

いつからかわかりませんが、右側を向いて寝るようにしていました。ここで【くしゃみ】が聴こえた場合、最初は何も分からず、右を向いて横になると【くしゃみ】が消える?そう思いこんで、2年6か月右向きでねてました。ネットでいろいろ調べてみると、右向きに寝ると、逆流性食道炎になりやすい。
熟睡研究所...
※食後の寝る向きに注意するのは何故?右と左どちらを下にするのか解説、参照
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
左向きに寝れば胃の膨らみの部分に食べ物が収まる為、逆流性食道炎がおきにくくなります。但し、腸に食べ物が流れづらくなり、消化機能の妨げとなる場合があります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ちょっと不安な面もありますが、今夜から左向きで寝ることにします。寝返りもすると思いますが、寝る方向でも実験してみます。あと、首を下に向けた状態が続くと胃臭が拡散しやすいので、極力下を向かないようにしてます。これは確認済です。
posted by 吉郷悟 at 14:20| Comment(4) | DAY by DAY
この記事へのコメント
昨夜から今朝6時頃まで左向きに寝ましたが、どうも食道の蓋が開きやすくなっているみたいで、6時から数回お隣さんが犬を吠えさせたので、どうも胃臭を拡散するようです。今夜から、元に戻して、右向きで寝てみます。
Posted by 吉郷悟 at 2018年07月13日 10:26
右向きにねたら朝方周りが静かです。6時頃軽食取って8時前に朝食取って、今日はくしゃみも何もない!
10時25分現在までは。。。
Posted by 吉郷悟 at 2018年07月14日 10:26
猫の鳴き声はあるものの、【くしゃみ・咳・吐き気の反応】完全に消えたと思ってるので、8月11日から左向き寝るようにしました。逆流性食道炎に良い姿勢ならば、ボイストレーニングの量が減らされる。良い方向に改善することに期待してまず!
Posted by 吉郷悟 at 2018年08月11日 14:16
8月11日から【左向き】に寝て、8月19日から食材のキャベツをメニューから外して、【猫の鳴き声】も消えて、良い感じ。ただ、お隣の刺激臭を出す人は、飲み薬かなにかで、臭気に蓋をしてるようで、その方が早朝から内職される時、家の中でハエが異常に多くなりぶんぶん飛んでる。作業が終わった頃には、ハエが静かになる。といいながら【くしゃみ】を1回、私が刺激臭に反応した。今は、刺激臭を拡散する立場から、刺激臭に反応する隣人になったようです。今の結論、【左向きに寝る】寝返りはうっても、結果的に左向きで寝てて調子いいです。お隣の20メートル先の人が、【吐き気】の反応を入ました。やはり、薬で抑えるのは良くない。気管支の運動である【ボイストレーニング】と【食材の選別】+その他、臭気を出さないトレーニングが必要だと私は思います。体臭に香水を付けても体臭は消えないのと同じ。匂いはもとから絶たなきゃダメ!おわり。
Posted by 吉郷悟 at 2018年09月03日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: