2018年09月06日

逆流性食道炎を患う前後

23年前からの周りの反応は、【咳】が殆どで、【くしゃみ・吐き気】は、2011年以降、糖尿病が発症し、その後、逆流性食道炎も発症して以後に出てきました。私の場合、最初は咳だけ、それで、ひょっとしたら今の改善策で【逆流性食道炎】も治ってしまうかもしれないので、ここに描いています。3年ほど前から2年程前まで、嘔吐して2日前後、食事ができなかったこともあり、声もかすれて、体重も減っていた。今現在、体重は63kg前後で安定、嘔吐は2年以上なし、8月11日から左向きに寝るようにして、気管支炎症を含む、声が安定して
声が太くなってます。ひょっとして食材の選別と睡眠の体勢などで【逆流性食道炎】が治るのかもしれないので、描いてみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
考察
周囲拡散型「胃臭」の改善策で【逆流性食道炎】は治るのかもしれない!?
今後、周囲拡散型「胃臭」症状変化(改善か?悪化か?)も含め、継続して【逆流性食道炎】の症状変化も観測します。

周囲拡散型「胃臭」の改善策
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1.毎日、軽くボイストレーニング!歌よりお経の方が自分の音域に合わせ低音が良い。
2.睡眠時のスタイルは、左向きがよい(逆流性食道炎を患ってる場合)
3.下向き姿勢を極力避ける。=>胃の空気が口や鼻から漏れるスイッチです。
4.睡眠は8時間以上が理想的。病気の原因が睡眠不足。
5.食材の選別。食用油と豚肉・牛肉は避けた方が良い。
posted by 吉郷悟 at 10:42| Comment(1) | 2018年過去ログ
この記事へのコメント
病気の表現変更します。

「逆流性食道炎」を改め
「胃食道逆流症」で今後名称を利用します。
Posted by 吉郷悟 at 2018年09月11日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: