2018年09月18日

空腹は避ける

自分の分はわかりません。ここの隣(20m離れ)から便臭が2度した記憶があります。私が空腹の時、プロパンガスの検診の女性がざわざわしてたのを思い出して、ひょっとしたら空腹の時、それも刺激臭を拡散してる症状の時、空腹で下を向き作業をしていたりしたら、ひょっとしたら、刺激臭+便臭を拡散してる可能性はあると思います。これが腸内のどこかで血液に刺激ガスが流れ込んで、肺を通して呼気から出るのに、20m離れたとこまで飛んでいかないと思います。空腹で横になってたりして、十二指腸以下の腸内ガスが胃を通り食道を通り口や鼻から強烈な刺激臭ガスを拡散する。こういう可能性の方がわかりやすいと思いますが、20から30m離れた人が【くしゃみ】で反応したり、50m前後離れた5階建ての集合住宅の上層階で【咳】の反応をしたり(私の刺激臭に反応)、距離はグーグルマップの縮尺定規で測定、気流によって刺激臭が運ばれる。瞬時に運ばれる。それでそれを瞬時に止める方法が下向き姿勢を正面姿勢に変える。お経を唱えて気管支を鍛える。これで今までは止まってた。又は食事をすると止まることも多かった。空腹も極力避けた方が良いでしょうというお話です。走り書き。信じられないと思いますが、ここで20m離れた家の中にいる人が【くしゃみの反応】、20m離れた家の中にいる人が【咳や吐き気の反応】今は、その逆の私が反応する事が殆どです。1軒の家の20m前後離れた人が反応、私んちはその逆20m離れた家の中で、【くしゃみ+はなじゅるじゅる】+刺激臭+ハエが異常に活発に動きだし、東側の障子にぶつかってぶつかって匂いを追ってる気配を感じる。これが近隣住民の反応する一人の反応スタイル。くしゃみの声は小さい、咳も小さい、吐き気も小さい反応。声の裏返りはすぐ治る。最近は生ごみの腐ったような匂いがないから、匂いの抑制剤か何かを利用してるのかな?良く分からない。こうやって描いてる事は、悪口とかではない。現実におきてる事の観測データです。病状改善の為になればなと思ってます。宜しくお願いします。
posted by 吉郷悟 at 22:14| Comment(0) | 2018年過去ログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: