2018年09月22日

環境影響調査の延長線

25年ほど前、福岡県のとある温泉街の上流域にホタル観賞スポットがあって、その生息地の上流でダム工事もどきのコンクリート工事(アルカリ性)がホタルや魚、植物などに与える影響を調査したことがあった。結論は、川の自浄作用によってアルカリ性は中和されることだったと思う、影響範囲ではないことで、屏風折の地図・写真付き資料を添えて成果品を収めた。もうひとつは、宮崎の70km延長河川の源流から河口(海との境)までの河川の生息物や右岸(うがん)、左岸(さがん)の現況調査を、徒歩でハーフパンツで帽子かぶって下駄風のサンダルはいて、山下清になった気分(笑)で、無線も操りながら、2週間ほど調査のお仕事をしました。こちらも屏風折に地図を貼って写真も貼って解説書をつけて成果品、電力会社のお仕事でした。そういった考える調査みたいなのもずっとやってきたから、今のこの病気の観測スタイルができてるのか?37年ほど前総合病院に勤めてた頃は、オペ室横に中央材料室(サプライ)があって、そこでも注射器を超音波洗浄したりカンシやペアン、コッヘル、カスト(鍋?)などを煮沸消毒してたかな?蒸気を使ってたような?サプライ勤務は数か月で終了し、電気・空調・ボイラーなどのコンピュータ管理業務に移動しました。経験と資格をいろろ持ってたので技師に変わりました(笑)、その後いろいろお付き合いも広がって、なんか医療関係者のお友達もいっぱいできました。そのお一人が、今現在も、協力して頂いてるイワイ薬局の岩井俊二先生です。この先生は私と同じ誕生日(笑)、35年以上前にバドミントンを私たちに教えてくれました。いつもの口癖は【仕事のやり過ぎで、薬に頼ってばかりじゃダメ!運動せな!】でした。それを思い出して、ボイストレーニング(体内運動)を始めました。結果的にそれが症状改善のポイントでした。そこから広がってもうすぐ2周年、成果はどうでしょう?楽しみです!
posted by 吉郷悟 at 09:58| Comment(0) | 2018年過去ログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: