2018年09月30日

PATMって何?

私が直面してきたのは23年前頃から周りで咳をする。たまに便臭がすると言われた事がある。くしゃみと吐き気の反応は、ここ十年前後、糖尿病が発症しその少し後に逆流性食道炎と診断が出た。その数年前から周りから【くしゃみ】の声が聞こえ始めた。それに重なったかの様に近所から【咳・吐き気】の反応がはじまった。回数はそれほど多くない。口臭が数十メートル先、池の反対側の住宅群まで拡散する?なんか不思議な感覚でした。そこから住環境を1年で3か所変えたことで、自分から強烈な刺激臭が拡散されてる事がわかりました。それで、余りにも反応がすごいので、
1.右向きに寝るとくしゃみが静かになる。
2.ごはんを流し込むと周りが静かになる。
3.お経や歌をうたうと咳や吐き気の反応が静かになる。
これは粗い即席の対応策ですが、このお経や歌をうたうのボイストレーニングが有効な対処法のひとつ、これがわかって、2016年10月10日から改善方法を探るようになりました。PATMという難しそうな理論や表現?はわからないが?くしゃみを止める方法は、油脂の摂取を控え、体内筋肉を増強し、各種筋肉の弱り、緩みを改善し、逆流性食道炎(予備軍も含め)症状の緩和・改善をしていけば、くしゃみの反応は止まりました。その先にあった【咳・吐き気】の反応も止まりました。胃食道逆流症(逆流性食道炎)の症状も収まり、全てが終息、改善、その先にある根治のイメージに向かってるような気がしますが?病院には100%頼ってません。薬剤師の先生と自分の行動で改善しています。PATMという症状がもっと広く分かりやすい表現にできないですかね?化学物質によるもの?とか決めつけるのは私にとっては非常に危険に思います!いくつもの事例を探り多様性も持たせないと、類似した症状がこれから増えてくると思われる。具体的な症状の観測とそれに見合った改善方法を広めていかないと難しい表現は危ないと思う。患者本人がPATMにたどり着くこともなかなか難しいような?私がそうでした。人は文字で思いこむ性質もありませんか?私はそう思います。刺激臭の拡散は数メートル先から数十メートル先まで水平距離、30M前後離れた集合住宅の5階付近からも咳の反応がありました。嗅覚に優れた犬は50M前後離れてても反応する。ハエは刺激臭が拡散されるとその方向に白いものがあれば、白無地の障子とかに体当たりで何度もぶつかる行動が観られた。ここの20M東側に住んである刺激臭発散の人に反応して。PATMという文字に騙されたくない!もっと具体的にわかりやすくなると私は助かります。
posted by 吉郷悟 at 08:55| Comment(0) | 2018年過去ログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: