2018年10月01日

鶏もも肉で吹き出物

少し前にデオドラントボディウォッシュの利用をやめると言って止めてたら、首の後ろに吹き出物ができやすくなってます。油の摂取は、鶏もも肉を圧力鍋で15分程蒸して、皮部分を廃棄して、身の部分を湯引きして冷凍保存、2kgが1.8kg前後までになる。それを朝、昼、晩、一日500g弱を食べてます。毎日3食食べるから油分が首の後ろに回って吹き出物ができるのかな?髪の毛を刈り上げてみます。過去との違いは、ここ最近鶏むね肉の入荷がない。それで、再度ボディウォッシュを使ってます。【くしゃみ・咳・吐き気】の反応はありません。声の質が太く大きい状況が安定している。たまに刺激臭が飛んで来て、声が裏返ったり鼻水は毎日あります。臭いは気づきません。咳も知らず知らずのうちにあったりしてますが、こちらも臭いは無いようです。私が周囲拡散型「胃臭」の患者の自覚を持ちその改善策を構築している立場、それと偶然にも目先20m前後の隣人に同じ症状の周囲拡散型「胃臭」を患ってて【くしゃみ・咳・吐き気】の刺激臭を拡散しそれに近隣住民や通行人が反応、それを聴こえた時、私が反応した時、起きてればその都度、観測統計用のブログに記録をとってます。犬の鳴き声やハエの異常行動の後の反応なども記録、このような臨床実験?世界中でここだけでしょう?そう考えると、毎日の観測が重要、この先改善に協力する予定ですが、本人家族が決めることで私からは何とも言えません。それで聴こえた音(刺激臭と臭い)を毎時記録してます。走り書き
posted by 吉郷悟 at 10:55| Comment(3) | DAY by DAY
この記事へのコメント
鶏むね肉ともも肉を半々で食べていたのが、ここ最近、もも肉だけになっていた為。

鶏むね肉は大きく引き締まっている肉で脂肪分が少なくタンパク質が多いのが特徴です。しっかりした大きなかたまりで、色は白っぽいピンク色をしています。

一方、鶏もも肉はほどよく脂肪がのっていて脂身が多いのが特徴です。小さく切って売られていることが多く、色味は濃く赤っぽいです。

これが原因で首の後ろに吹き出物ができてる。
今度の蒸した後の「湯引き」を2,3回に増やして脂分である脂肪を減らして食べてみます。勉強になりました。
Posted by 吉郷悟 at 2018年10月06日 18:36
首の後ろの吹き出物は出てこないようですが?背中にこぶ(15cm)程の膨らみができてて、左向きに寝ると痛みを感じるから右向きに寝ることが大きくなった。ここは2011年朝倉医師会病院に入院した際、久留米大学から来ていた皮膚科の女医さんが切開して一旦良くなってた場所。悪性じゃない事を祈っておきます。なんか、最近、鶏むね肉は販売されていないみたいで?脂分の多い鶏もも肉は私の病気には合わないような気がする。病状は安定してますが、背中の腫瘍が悪性になったりしたら困りますね!
Posted by 吉郷悟 at 2018年11月11日 09:46
2010年頃と同じで背中の大きな吹き出物が裂けて血とか膿がいっぱい出た。鶏もも肉の食べるペースを減らして対応。日本のバイヤーさんが海外のバイヤーさんの鶏むね肉の買い取りに負けてるみたいで、日本内のむね肉の販売が少なくなってるような?ひょっとして?国産むね肉も海外輸出になってる可能性もある。イタリアでは、もも肉とむね肉の価格差が1.5倍から2倍っ前後あるとの情報もある。残念ですね!?一応、お豆腐やマイタケ、高野豆腐等を増やしたりして、背中の吹き出物が出てこないようにしたい!結構痛くて、下着が汚れる頻度がすごいからタオルを巻いてます。
Posted by 吉郷悟 at 2018年11月15日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: