2018年10月06日

表面筋肉と内面筋肉

私、23年前までバドミントンやってた時は、キン肉マン体質だったので、練習の時、同級生の男性お友だちに、お腹の固さを触られたりしてました(笑)それで2016年1月に53kgまで体重が減ってて、筋肉も減ってがりがりだった人間が、体重が10kgほど増えて63kg前後が今の状況、これから毎日調子が良ければ庭仕事をしようと思ってます。結構広いので草取りやら、石ころ拾いやらやってます。それで、これから筋肉の事を、表面筋肉(観えるもの)と内面筋肉(気管支から食道、胃、十二指腸を含む腸から肛門など)鍛える為には何が良いのか?食事、サプリ、運動などいろいろやって表面筋肉と内面筋肉を鍛える方法も探っていきます。筋トレ、ピントレなども含めて。宜しくお願いします。ここ数日野良(庭)仕事して体(筋肉)がこわってます。今日は小休止。走り書き。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
表面筋肉内面筋肉という表現は世間で言うのかは調べてません。体内筋肉の強化ではおかしいと思うから、表面内面の表現にしてみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
※表面筋肉は良い状態なのに内面筋肉が緩み(推測)周囲拡散型「胃臭」を患った事例が観られたので、この考察をこれから探ってみます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
括約筋 - Wikipediaより
括約筋(かつやくきん)は、胃の幽門部や肛門や内尿道口などの部位に存在する輪状の筋肉で、「括(くく)る」の文字が示すように、ある種の弁もしくはバルブの役割をする筋肉である[1]人体の場合は骨格筋性の括約筋と平滑筋性の括約筋がみられる。
posted by 吉郷悟 at 08:11| Comment(0) | DAY by DAY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: