2018年10月06日

何も覚えないタイプ

ここでいろいろ描いていますが、オタクでもなんでもありません。その都度必要な情報を引き出してきて、それで物語(改善策)を組み立ててるだけ、ストーリーを創ってます。私、医者に興味はない、病気改善に興味がある。医者とは違った目で病気と向き合ってる、患者であり、隣に同じ患者がいる。年齢・性別・患ってる病や健康状態も違う。これが同じ改善策でよくなっていくとも考えにくい。それで、47年前後、薬剤などで患者さんと向き合って来た薬剤師の岩井俊二先生と岩井敏郎先生にアドバイスをもらってます。10人いれば、10通りの改善策があると思ってます。私には、自分自身のことしかわかりません。私における基本的な改善策は公開しても、その先にある患者さんごとの改善策には要注意、慎重に選択することが必要ではないですかね?私は、そう思います。それで、協力者にイワイ薬局さんのお名前を表示させて頂いてます。実際になにかあれば相談に乗ってくれてます。この先いろんな患者さんと情報交換する場合も、アドバイスをもらうように考えています。私に固定観念はありません。その都度どうしていくか?何をしたら刺激臭が発生するか?無駄なことをいっぱい繰り返しながら、体で覚えていってるようです。いろいろ描いていますが、深く考えることはあっても、すべてその都度忘れていますので、、、そうしないと、固定観念の塊で、未来が見えなくなる。
posted by 吉郷悟 at 12:03| Comment(0) | DAY by DAY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: