2018年07月10日

吉郷悟の周囲拡散型「胃臭」改善プロセス

福岡県筑前町在住
吉郷悟(よしごうさとる)|60歳|B型
久留米大学商学部卒
1981年から1984年頃まで筑紫野市針摺の総合病院の電気・空調・ボイラー設備の管理業務。その際、空調機械室にてダンスパーティの為のバンド演奏準備でドラムを数か月練習した。壁・天井にアスベストが塗付してあった為、アスベストを一般人より多く吸い込んだと推察。1995年以降、口臭ではなく、口から出る空気が周りの人の咳を出す。それから21年の間、仕事中心の生活で、自分の病気に蓋をしていたが、2016年10月10日病状発症から21年後かたやっと自分の病気に向き合い、自分でその病状改善を試してきた。病院入院では何も治療もされなかった。総合病院2つ。2007年以降に糖尿病が発症し、2011年前後に逆流性食道炎も発症し、その前後に、周りの人がくしゃみをすることが時々確認された。
2016年10月10日から自分の病気と向き合い、毎日気づいた時に改善方法を探しています。その過程で、一度うまくいくことが見つかっても、その先で新たな症状が現れて、まったく違った展開で改善方法が見つかる。その繰り返しなので、改善方法ではなく、改善プロセスにしています。
posted by DRUGIWAI at 16:09| Comment(0) | 吉郷悟の胃臭改善プロセス