2018年12月20日

睡眠は体内の修復・回復を促す

私が25歳前後に勤め先の総合病院が倒産して、一級建築事務所のお仕事を手伝うようになった。その時、電気工学の夜学に通っていたので、なかなか夜の睡眠が取れなかった。毎日昼間の仕事で疲れたまま、福岡市博多区住吉神社近くの電気専門学校に最初は列車で通学、病院勤務が無くなって車で通学。振り返れば、その時、カセットテープが記憶媒体のパーソナルコンピューターをいじってた。それで、仕事ー>夜学ー>夜は建物など図面を描く毎日、今は油脂の摂取を控えて病状改善してるように観えますが?それは、体内の筋肉(各種括約筋と気管支等)の緩みが原因で刺激臭の拡散が発生していたのではと思ってます。人は焼肉や炒め物など油脂をいっぱいとっても障害はあまりない。というより無いと思う。私の患った病気の原因は、下向き作業の連続と睡眠不足と偏った食生活だと思ってます。今から振り返れば、毎日8時間前後の睡眠をとって居たならば、胃臭のような病気になる事はないのでは?私は、今の段階でそう思います。8時間から10時間睡眠をとるように心がけています。ウェブサイトの更新の区切りで3時頃まですることはありますが、夜はお仕事はしないように注意したいと思います。十分な睡眠は体内の修復・回復を促す大切な生活習慣!走り書き
posted by 吉郷悟 at 12:45| Comment(0) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」

2018年10月29日

食道を通る油を減らす

上下の食道括約筋などが緩んで刺激臭が拡散されるのであれば、その緩みをさらに助長するのが油と推察、種類は関係ないと思う。動物性・植物性油脂全てをカットできるのであれば、たんぱく質を多くとって、コラーゲンなども積極的に摂って、括約筋の締まりを良くする。お味噌汁やお茶などは、食道を滑らかに締まりやすくする可能性もあり、私はお味噌汁と玄米茶+日本山人参茶を飲んでます。あと、オレンジジュースの200mlパックを1日1パック。私の場合、鶏むね肉・もも肉を主食かわりにしているので脂抜きは煮沸を2度やってます。お経も1日数回、脂分の摂取を控えれば、【くしゃみ】の刺激臭の拡散は止まってます。【咳・吐き気】の刺激臭拡散も止まってますが、食材を変えると体臭とともに【咳】の刺激臭拡散はありえる。まあ、反応があったら何が原因か考えます。PATMの経験はないですが?くしゃみの要因は食道から入る油脂の可能性もあると思ってますので、そのあたりを調整してみてはいかがでしょうか?オレンジジュースやみかんは、私の場合、ぴたっと止まった。経験則があるのでお勧めです。私の場合はですね!
posted by 吉郷悟 at 19:04| Comment(0) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」

2018年10月14日

余病は十分な睡眠から

毎日下向き作業の人は多いと思います。それで食事からこの病気になるのもどうかな?全ては睡眠不足からはじまるような気がします。逆に胃臭の病気を患ったら十分な睡眠をとること。これが一番大切な改善方法ではないですかね!?私はそう思います。8時間でも睡眠が取れれば、その間に体の修復作用が働いているような気がします。【病は気から】+【病は睡眠から】+【病は生活姿勢から】気持ちをリラックスして、睡眠をいっぱいとって、下向き姿勢を極力避ける工夫をする。それに、食事の脂っこいものは食べても間に脂抜きメニューを取り入れる。ここで言いたいのは、私の場合、毎日3時間から5時間の睡眠(極端な睡眠不足)で十数年毎日仕事を継続した結果、糖尿病、胃食道逆流症、周囲拡散型胃臭、白内障などいろいろな病にかかりました。全ては睡眠不足と偏った食生活だったような気がします。今後、注意して生きていきたいです。今現在は、午後8時には眠くなって8時間以上の睡眠はとれてます。食生活も3食おいしくいただいてます。睡眠不足にはご注意を!
posted by 吉郷悟 at 12:14| Comment(0) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」