2018年08月08日

咳・くしゃみが発生する時の状況

自分の周りで、咳、くしゃみ、吐き気などの反応が出た時の自分の状況をチェック
私の場合の状況確認スタイル
1.下を向いて作業したり、下向きでPCなどを覗いてる時。本・スマホ
2.風邪気味な時
3.豆類など食道に食べかすが残ってたりして、下向きや横向きな時。
4.熱いお茶を飲んだり、熱い食事をした後に反応。これは胃臭と体臭が強烈な時。
5.その他、これから探し出すもの
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これが答えではありませんが、周りが反応するのだから、その反応がどのような時に起きるのか?これは、同じ事が繰り返されるのか?それとも体臭のように、本人の状況や姿勢は関係ないのか?など、ひとつひとつ観測していけば、その先に何か観えるものがありそうな気がします。何もしないで、じっと我慢するよりは、積極的に、前向きに、自分の病と向き合えば、何か方法があると思いますが?原因が、口や鼻から入ってきたモノで、刺激臭というものが発酵して拡散されるのなら?どうですかね?良かったらお試し下さい。
posted by 吉郷悟 at 10:11| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年08月07日

20年引きこもりな経営者

1995年頃は雇われ従業員の責任者(取締役)、周りの人が咳をしたり、ホームセンターで子供がうんこ臭いとか言ってましたよ。その時は、口臭と思い事務所隣の歯科医に通いましたが、その歯科医が咳をするほどでした。しかし、責任者で、濁ることはできなかったから数人のスタッフとお仕事してました、その後平成十年頃、新たな会社の社長職になりましたが、口から出る臭気は悪くなる一方、しかしお仕事を理由に自分の病気に蓋をしてきました。恐らく、その頃から、会社事務所には常駐せず、自宅でお仕事をするようになりました。その後、引っ越しした後は、自宅横に事務所を借りてそこでお仕事してました。仕事はMAX3つの会社の経営とシステム開発、製品開発、ネットショップの構築と運営、ウェブサイトの制作・更新、3社分の総務・経理の処理業務、その先に毎日図面をCADで描いてました。自分の時間がないどころか、睡眠時間も少なかったですね。そういう生活ですから、引きこもりのようなもので、お仕事中心の人生で自分の病気を顧みることができなかったです。2016年1月に今住んでるとこへ転入して、環境が変わって、自分の事が丸見えになって、周りの反応も丸見えになった。それで、余りにも周りの反応がすごく、吐き気の反応は毎日、咳は20メートル以上離れてても毎日、家の前で咳をされるのは殆どの通行人、その先には、20M程離れた家の中から【くしゃみ】今から振り返れば、地獄の毎日でした。ここの周りの3軒は、おさななじみの1級上の男の先輩家族で遠慮がない、その周りには遠い親戚が3軒あったり、ここは私が子供の頃から大学初め頃まで住んでいた故郷です。その環境の変化とあまりにも自分が可哀想過ぎたから、自分の病気と向き合いました。そうして、その中で、今年だったでしょうか、PC作業スタイルを変えたところ、近所の人の咳がひどくなって、それで、キャベツの味噌汁が要因で、強烈な胃臭と体臭が出ていた。その要因は下を向いた時&熱い飲み物や熱い食事をした時も同じく強烈な胃臭・体臭が拡散され、近隣住民に不快感を与えていた。こんな状態だから、引きこもりになるのは当たり前です。といってもこれで終わったら男が廃る。この先、自分の症状が安定しようが何しようが、23年間のくやしさを胸に、私が生きてる間、ひとつでも多く、改善策を見つけて、それを公開していきます。だれも好きでこんな病気になる人はいない。それを、その病気をフォローしてサポートしていきたいです。何が言いたいか?長い間、引きこもりの社長職やってます(笑)宜しくお願いします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
亡くなった、叔父夫婦の家に終活を兼ねて住んでます。もうすぐ終活終了。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
HOUSE1.jpg
posted by 吉郷悟 at 17:55| Comment(0) | 2018年過去ログ

口臭と胃臭のポイント比較

口臭を最終的に抑えるポイントは【唾液の分泌をよくする、上下左右の舌運動と足裏のマッサージ】だとすれば、周囲拡散型「胃臭」を抑えるポイントは【食道など気管支の運動:ボイストレーニング】と【下向きなどの行動姿勢の改善】と設定した場合、共通項に挙げておいた方が良い事は、口臭も胃臭も【口や鼻から漏れるのが当たり前】という考え方。それで、私は改善方法を探っています。胃臭を止める方法はいくつもありますが、漏れるのを完全に止めることは不可能。そう決めとかないと、これを追求するのなら、疲れてしまう。口臭・体臭・胃臭は止めるではなく、隣人の反応を抑制する。そう考えても良いのではないですかね。
posted by 吉郷悟 at 10:53| Comment(0) | 2018年過去ログ

入るを計って出を制す

口や鼻から体内に入るもの、この量や質を計る。それで、体から出る体臭の調整、口や鼻から出る口臭の調整、同じく口や鼻から出る胃臭を調整管理する。自分の口臭は歯科医で虫歯の治療。歯垢の除去などを行い、最後は自分で舌の唾液の分泌を良くする為の舌の運動などで口臭を抑える。胃臭と体臭は、食べ物や飲み物に加えて、喫煙や飲酒の抑制が必須のようです。今現在、この、隣人に、咳・くしゃみ・吐き気などの周囲拡散型「胃臭」の反応改善は、自分で管理していくしかないようです。食材の選別とボイストレーニング、生活習慣(お仕事含む)の改善、睡眠不足や下を向いてのスマホ操作(ゲームやチャット)、PC作業やPCゲームなどの下向きで操作したりする行動姿勢。この姿勢を正していく。病院にはまだ頼れないようですから、自分たちで改善方法を作りあげていく。これが今できる最良の方法だと思われます。全ての事を整理整頓していけば、その原因と結果、入りと出のカラクリが解明できると思います。
posted by 吉郷悟 at 10:39| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年08月06日

診療報酬点数表 対象外 病気

治療方法が確立されていない病気は、診療報酬点数表にもデータがない?そうなると病院でもその先の医者でも対応できない。これが現実なら、病院に行ってもどうしてよいかわからない、患者として症状を説明するのはとても難しい。私がまったくその通りでした。病院や医療関係が悪いとかではなく、どうにかしていかないと、ひょっとしたら、この病気で命を絶ってる人もいるのでは?私はそう思います。この先、私にできることは限られている、残りの人生、この病の改善方法を探っていきます
posted by 吉郷悟 at 11:51| Comment(0) | 2018年過去ログ

一日の【喉運動】スケジュール

ボイストレーニング、私の場合は【お経】を選択してます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1.就寝前、起床後、5分程度
2.毎食後、5分程度
3.反応があって、5分程度
※反応とは、猫の鳴き声、くしゃみ、咳、吐き気など
以上で、一日のボイストレーニングは終わりです。、
気楽に楽しくやれば成果は出ると思います。やり過ぎは病状が悪化する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私は、2016年10月10日から2018年1月10日の1年3か月の改善プロセスで、一旦全ての反応が無くなりました。その後、2か月間、咳・くしゃみ・吐き気など何も起きなくなりました。しかし、1月末から食べはじめた、【キャベツの味噌汁】が強烈で、胃臭と体臭が3月末5月末から6月初旬まで続き(笑)体に良いものと思ったものが、臭気の原因になっててがっくり、それに気づいて食材の選別を改めてから、今現在まで順調です。8月1日からキャベツと鶏肉のコンソメ煮を頂いてます。ここ最近、猫ちゃんの鳴き声が聴こえたのはこれが原因かなと思い、少し試行錯誤中。といった具合に、これからもずっと改善方法は探っていく予定です。いつ何が原因で胃臭が出るかわからない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
40歳からの逆食改善計画!
2016.08.27
歌ってストレスを発散!カラオケで逆流性食道炎の症状が改善できる!
posted by 吉郷悟 at 06:55| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年08月05日

PATMとは違う症状では?

ニコニコ大百科より抜粋
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
PATMとは、人に咳・くしゃみなどを引き起こさせる体質のことである。
people allergic to me
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
※概
本人が職場や学校のクラスにいると、周囲が「咳き込む」「くしゃみをする」「目が充血する」という症状が出現し、場合によっては、「君が来ると症状が出る」「おまえが原因だ」「迷惑だ」などと言われ、そのため会社や学校に行くことに対して強い恐怖感を感じるようになり、出社や登校ができなくなったり、長期間の不登校に陥ったり、会社を辞めざるを得なくなるなど、日常生活にも支障が出るようになる。

ネットでは上記症状について様々に議論されており、、「隣人が咳き込む」「歩くだけで周りが咳き込む」「半径100m以内に人がいると症状が出る」といった報告まであるが、全ての人にそれが該当するわけではない。PATMは、別の病気である(例:自律神経失調症、自臭症、対人恐怖症、社会不安障害など)と考える人もいるが、多くは「周りの人に言われるから疑いはない」「親からも言われている」「一部の医師にも認められている」と主張しているため、他の病気とは違う病態であるとして様々な議論がされている。

また「臭いではなく現代の医学では観測不能な物質(電磁波と主張する人もいる)が漏れている」と主張する人もいる。

相手に与える症状
痰絡み
咳・咳き込み・咳払い
くしゃみ
鼻水・鼻づまり
喉の違和感
目や皮膚・粘膜などに刺激・かゆみをあたえ、充血させる...抜粋はここまで。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
上記内容と私が観測してる内容の共通点はあると思いますが、今は何とも言えません。
PATMという情報を知ったので、今後の改善方法を探る上で参考にさせて頂きます。
PATMの情報発信者に感謝いたします。吉郷悟
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
咳・くしゃみ・吐き気など、周囲拡散型「胃臭」は、PATMとは別の症状だと思います。根治はわかりませんが、症状緩和は確実にできてます。殆ど気にならない程度まで改善。食道にある気管支などの炎症が原因ではないかと思い、そこを「ボイストレーニング」で動かし「食材の選別」、匂いを消す「みかんや青汁など」を併用して、安定した症状緩和されていると思います。医者ではないですが、自分の身の回りで起きてる事と自分の行動をリンクさせて観えるもの。現象と時間でストーリー(物語)を組み上げて観えるもの、この先も、経過観測と合わせて、症状緩和の改善策を作ります。ここで表現していることは、全て、私(吉郷悟)の病状緩和策です。どうぞ宜しくお願いします。
posted by 吉郷悟 at 10:00| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年07月28日

熱い飲み物・食べ物は少し冷やす

胃の中の臭気と体臭による加齢臭が強烈な時(私の場合3月中旬から5月末まで)熱いお茶を飲むだけで、数十メートル先まで咳やくしゃみを通行人や近隣住民が反応してました。熱い食事を食べてる時も同じ、瞬間に飛んでました。胃や体臭の臭気が強くなければ、咳やくしゃみの反応は無いようです。熱いものを口から入れて周りの人が反応する際は、食材の選別や組み合わせを見直すのが良いようです。私の生涯で一番強烈な臭気は、1月末から5月末まで毎日3食いただいてた、キャベツの味噌汁です。なんだったら、お試し下さい(笑)、すっごい体臭が出て、香水だけでは消せないかもしれません。熱いのにはご用心を。
posted by 吉郷悟 at 14:22| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年07月27日

馬油を舌に塗ったら大変だった

2016年1月7日に、今住んでる一戸建てに引っ越してきて、周りから、くしゃみ、咳、朝方は吐き気の反応など大騒ぎ(汗)その頃の私は、まだ、口臭がひどいんだろうなと思ってました。それで、コンビニに行くのに、馬油で舌を綺麗にして行ったら、店員さんや周りのお客さんが咳をしたりいろいろと私に反応して大変だった(汗)お勘定を済ませて、お家に帰る途中。まだ、煙草もすってました(笑)徒歩で行ってたから、いいちこを少し飲んでフラフラ帰りました。ここで重要なのは、脂分を吸収すると空気が漏れやすい。それで、試行錯誤、サラダ油も使ったり止めたりを繰り返して、今現在、キャノラー油というサラダ油の使用は半年以上止めてます。今後も使用しないと思います。あと、鶏肉のむね肉ともも肉は、圧力鍋て蒸した後、必ず湯引きして、脂分を減らすようにしてます。栄養分が減るかもしれませんが、食道通過する脂分を極力少なくするように心がけています。今現在、たまに、くしゃみ、咳、殆ど気にならない程度、吐き気を催す仕草は1年以上ありません。いつ無くなったか覚えていません。
bayu.png
薬師堂の馬油(ソンバーユ)
posted by 吉郷悟 at 09:40| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年07月26日

隣人の咳・くしゃみを止める方法

自分の口・鼻や体から出る刺激臭(胃臭・体臭)に反応して、咳やくしゃみをされる人がいる。それを止める方法のひとつは、ボイストレーニング。病状によっては通用しないかもしれない、胃の空気が気管支等を通して瞬時に数十メートル拡散する刺激臭は、ボイストレーニングをすれば、瞬時に止まる。この場合、声のカスレ等で気管支の炎症などがある場合に有効な方法のようです。あと、食材の選別によっても、咳やくしゃみ、その先の吐き気の反応を緩和させ、その反応を限りなくゼロに近づいてると思ってます。私の病気の場合、下を向くと胃の空気が漏れやすいので、極力下向きしないで、下向きで作業(PC作業や庭仕事)をしないように、今年の4月頃から心がけています。
kusyami.jpg
※隣人が反応する【咳・くしゃみ】に対する、私の改善ポイントです。
1.下を向かない。書物を読むのは膝の上とかでなく、正面で観て読むと良い。
2.ボイストレーニング(お経や歌)場所を選ばないのなら有効。私の場合止まる。
3.食材の選別、これを間違えると、強烈な胃臭・体臭が発生しやすい。
4.睡眠は8時間以上が理想、煙草・飲酒は控えた方が良い。私は止めてます。
5.青汁とみかん(オレンジジュース)は、胃臭・体臭の消臭に良い。
posted by 吉郷悟 at 12:13| Comment(0) | 2018年過去ログ