2018年09月15日

声が裏返るのは?

今までお隣の患者さんの刺激臭に3月頃から、鼻のじゅるじゅる、くしゃみ、声の裏返り、ここ数日、一旦消えてた刺激臭に匂いを感じるようになった。私が匂いを感じて咳まで出始めた。今まで強烈な薬等で抑えていたのだろうけど、煙草を吸う人が、その患者さんの家から20M前後離れてるのに【くしゃみ・吐き気・咳】を出すのが酷くなった。女性まで大きな【くしゃみ・吐き気】の反応が出てきた。私、今日は庭の草刈りで外にいたけど、ちょうどその時に、女性の【吐き気】の反応が聴こえたから?真坂、私から刺激臭?違ってた、外が異様な匂いで充満していた。お隣の患者さんの刺激臭の発散に匂いが付加されるようになったみたいで、臭いものには蓋をしていた。その蓋の緩和剤が効かなくなったらしい。私からは声はかけ辛い。今年の7月頃、お経を唱えたら良いよ!ってアドバイスしたつもりが、無視されてて、何とも言えない!対症療法だけでは、病は収まらないということの1例ではないのかな?体内の体質改善【お経という名のボイトレ】、食材の選別(油脂分の摂取を極力減らす)、睡眠時の体形(左を下にして寝ると良い)、下向き作業は極力避ける。8時間以上の睡眠をとる。みかんや青汁を飲んで胃の中の匂いを少しでも消す。などなどやることを間違えれば、症状は悪化していく例では?今は静かにに見守っておきます。
posted by 吉郷悟 at 12:48| Comment(0) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」

2018年09月12日

寝るときの姿勢

胃食道逆流症の養生法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
上半身を高くする
食道を胃より高い位置に保つと逆流が起こりにくくなります。枕を高めにし、座布団やバスタオルなどを背中の下に置いて上半身全体を高くすると良いでしょう。
左側を下にする
横向きに寝るときは、左側を下にした方が、逆流が起こりにくくなります。

image007.gif
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
剤盛堂薬品株式会社|胃食道逆流症の養生法より
posted by 吉郷悟 at 16:58| Comment(0) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」

2018年09月08日

改善の先に根治が観える

2016年1月7日に賃貸アパートから一戸建てに転入して、それまで食べてなかった。おみそ汁(絹ごし豆腐、わかめ、玉ねぎ)を毎日3食ずっと食べてきた。2017年11月から糖尿病、逆流性食道炎などのお薬も毎日3食後服用してきた。2016年1月から約1年は、筋肉が落ちてて歩行が困難な時(すぐこける)があった事を思い出して、今年の4月末から筋肉をつくる為の【こらぁ元気+ビタミンCのカプセル】のコラーゲンを夕食後に1回飲むようになった。8月11日から【左向きに寝て睡眠】で喉(気管支)の炎症が改善されっつあり、声が太く改善されてる実感もある。キャベツ利用のイレギュラー的刺激臭の発散はすぐ治まり。1月末からのキャベツの摂取がなければ、かなり良い感じの状態のようです。軽くボイストレーニングをし、下向き作業をしない、食材の選別など、全てが正しいかはわかりませんが、この先、二つの病、【逆流性食道炎】、【周囲拡散型「胃臭」】の更なる改善とその先にある【根治】の壁を抜けることができそう!気を楽に持って、楽しみながら病と向き合っていく。病も気から?ですかね。。。
posted by 吉郷悟 at 07:18| Comment(0) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」

2018年09月06日

逆流性食道炎を患う前後

23年前からの周りの反応は、【咳】が殆どで、【くしゃみ・吐き気】は、2011年以降、糖尿病が発症し、その後、逆流性食道炎も発症して以後に出てきました。私の場合、最初は咳だけ、それで、ひょっとしたら今の改善策で【逆流性食道炎】も治ってしまうかもしれないので、ここに描いています。3年ほど前から2年程前まで、嘔吐して2日前後、食事ができなかったこともあり、声もかすれて、体重も減っていた。今現在、体重は63kg前後で安定、嘔吐は2年以上なし、8月11日から左向きに寝るようにして、気管支炎症を含む、声が安定して
声が太くなってます。ひょっとして食材の選別と睡眠の体勢などで【逆流性食道炎】が治るのかもしれないので、描いてみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
考察
周囲拡散型「胃臭」の改善策で【逆流性食道炎】は治るのかもしれない!?
今後、周囲拡散型「胃臭」症状変化(改善か?悪化か?)も含め、継続して【逆流性食道炎】の症状変化も観測します。

周囲拡散型「胃臭」の改善策
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1.毎日、軽くボイストレーニング!歌よりお経の方が自分の音域に合わせ低音が良い。
2.睡眠時のスタイルは、左向きがよい(逆流性食道炎を患ってる場合)
3.下向き姿勢を極力避ける。=>胃の空気が口や鼻から漏れるスイッチです。
4.睡眠は8時間以上が理想的。病気の原因が睡眠不足。
5.食材の選別。食用油と豚肉・牛肉は避けた方が良い。
posted by 吉郷悟 at 10:42| Comment(1) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」

急がば回れ!

2016年10月10日から1年11か月に届こうとしている今現在、周囲拡散型「胃臭」の原因であろう、食道の気管支炎症は、かなり改善されている。周りの反応が限りなくゼロになったこともありますが、声が安定している。8月初旬から、睡眠を左向きに寝るようになって尚更その効果が出ている。それに加えて、1年11か月お経という名の「ボイストレーニング」をコツコツ毎日継続してきた結果だと思ってます。それに加えて、食材の選別、何度もやり直し(再使用)を繰り返し、失敗の連続も経験して、今の食材になりました。食材の選別で重要なのは、食用油脂(キャノラー油・サラダ油・ゴマ油)を極力控える。豚肉・牛肉は食べない。キャベツとこんにゃくはダメとか(笑)その結果、声が安定してきました。かすれ声は無くなってる?しかし、お隣の強烈な刺激臭がくると、鼻水やくしゃみ、咳、吐き気、その先に私の声が反転することまで分かった。周りの刺激に反応するようになったと思ってます。

周囲拡散型「胃臭」の改善策
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1.毎日、軽くボイストレーニング!歌よりお経の方が自分の音域に合わせ低音が良い。
2.睡眠時のスタイルは、左向きがよい(逆流性食道炎を患ってる場合)
3.下向き姿勢を極力避ける。=>胃の空気が口や鼻から漏れるスイッチです。
4.睡眠は8時間以上が理想的。病気の原因が睡眠不足。
5.食材の選別。食用油と豚肉・牛肉は避けた方が良い。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このようなことの繰り返しで、やっと声が太く安定してます。ボイストレーニングはやり過ぎると症状が悪化することも考えられます。ゆっくり毎日継続することで、安定化していくと思われます。

※口臭対策との比較
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
口臭は、舌の唾液の分泌を促す為に、
1.舌の上下左右運動をして、舌苔を除去する。
2.足裏マッサージをして血行を良くする。
虫歯や歯垢の除去は別物として、自分でできる改善方法。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これを、周囲拡散型「胃臭」に置き換えると。上記改善策が当てはまると思ってます。全て自分でできる改善策です。急がば回れ!で、毎日コツコツ精進すれば、知らず知らずのうちに病状が改善される事を祈ります。
お疲れ様です!
posted by 吉郷悟 at 06:39| Comment(0) | 【重要】周囲拡散型「胃臭」