2018年10月03日

糖尿病患者でも改善!

私、2007年前後から糖尿病予備軍でその数年後病院の検査で糖尿病と診断、血統値300以上あったと記憶、それで朝倉医師会病院に少し入院、でも何も変わらなかったような?病院で出されたお薬の副作用で左目の視力が悪くなった?それで糖尿病薬の服用はやめて食事制限で昨年の11月まで、それからお薬を飲んでます。胃腸薬と糖尿病薬、その糖尿病患者の私が、この周囲拡散型「胃臭」と胃食道逆流症の2つの病気が改善して、全てが止まってます。胃酸の逆流なし、嘔吐や吐き気なし、声は太く大きい、気管支の不具合も感じられません、周りの刺激臭による声の裏帰り、くしゃみ、咳など私がほとんど毎日反応してる。それと私からの【くしゃみ・咳・吐き気】を催す刺激臭の拡散は全て止まってます。手の指や手に傷ができれば、なかなか治らなかったですね。手の皮がうすなったのかな?は今も感じますが、傷も治りやすくなってるような?目のダブりもない、って食事制限もあるのでしょね!?ここ約2年自分で探ってきた胃臭の改善策は結果的に私には正解だったように思います。失敗もたくさん経験。人それぞれ抱えてる病気が違う、年齢も違う、性別も違えば、全てが同じ改善策でよいということもないかもしれません。自分なりにアレンジも必要かもしれませんね!?糖尿病の免疫力の低下していた人間でも改善できた。それだけですwww
posted by 吉郷悟 at 07:47| Comment(0) | DAY by DAY

2018年10月02日

みかんは消臭に最適!

2017年12月から3月初旬までみかんを食べてました。2007年頃から糖尿病が気になり、食べるの止めてた。薬剤師の先生のアドバイスで食べ始めました。それで1月初旬から青汁も飲むようになりました。このころから3月中旬まで【くしゃみ・咳・吐き気】の反応が全て消えました。再発したのは、咳と時折吐き気?その要因は、のちに分かった、1月末から食べ始めた【キャベツの味噌汁とマヨネーズ】これが、この強烈な刺激臭・体臭があったであろう2月から3月中旬まで何を摂っていて、その時期に止めたかというと【みかん】です。青汁は3月中旬以降も毎日飲んでいました。この1月末からキャベツの煮物を食べているなら、今の感覚では1週間もあれば、体臭と刺激臭を発散する。それは、8月にキャベツのスープを試したら1週間前後で周りの反応がだ出て食べるのを止めた。少し雑ですが、周囲拡散型「胃臭」に【みかん】の消臭効果はとても良い!体臭にも良いと思われます。世の中の常識とは違うかな?胃臭に、みかんは刺激臭・体臭を消す助っ人です。これに青汁が加われば、尚更良いような気がします。私、みかんの入荷が楽しみです。ひょっとしたら【キャベツによる刺激臭に効果があるのか】みかんを食べられる約半年で探ってみます。走り書き
posted by 吉郷悟 at 09:29| Comment(0) | DAY by DAY

毎日がゼロクリア

思考はその都度新しい気持ちで動かす、例えば過去のログやメモは観ない。一度吐き出した思考はごみ情報だと私は考える。1か所だけ過去にいつ始めたかの更新履歴は日付を確認します。常に違った見方をしないと新しい発想も発見もないと思ってます。固定観念は邪魔もの、常識なんて思考の広がりに蓋をするようなもの。そうやって世の中にないものをいろいろ創ってきました。私は医者ではありません。私はメモはみない。全て頭の中でイメージがわいてくる。胃臭とPATMの相違もイメージで描いていて、将来的にいろんな共通点や相違点を描いていくと思ってる。それで中途半端な文言がいっぱいある。最初から答えはでません。いろんな思考の中で新しい発見や発明が出てくるでしょう。面白おかしく、楽しく、真剣に、この病を患っておられる方の苦しみ、悲しみ、悔しさもイメージしながら、近隣住民や隣人の苦しい反応も考えながら、瞬間々イメージを創ってます、発明や発見は出来上がった物は大したことはなく、それが新しい発見とか気づくこともあまりない。そんな発明もありますよ!それで、ここのブログは成果を表現しているのも少しありますが、その過程、プロセスも同時に公開しているので、どう変わっていくか?自分でもわかりません、たぶん、どうにかしたい!という思いが強いから、数年後には良い成果を創りあげてると思ってます。っということで毎日ゼロクリアを繰り返してますから宜しくです。走り書き
※私、白内障で老眼と思いますが、メガネかけてないから誤字脱字あったらごめんなさい!
posted by 吉郷悟 at 09:13| Comment(0) | DAY by DAY

2018年10月01日

鶏もも肉で吹き出物

少し前にデオドラントボディウォッシュの利用をやめると言って止めてたら、首の後ろに吹き出物ができやすくなってます。油の摂取は、鶏もも肉を圧力鍋で15分程蒸して、皮部分を廃棄して、身の部分を湯引きして冷凍保存、2kgが1.8kg前後までになる。それを朝、昼、晩、一日500g弱を食べてます。毎日3食食べるから油分が首の後ろに回って吹き出物ができるのかな?髪の毛を刈り上げてみます。過去との違いは、ここ最近鶏むね肉の入荷がない。それで、再度ボディウォッシュを使ってます。【くしゃみ・咳・吐き気】の反応はありません。声の質が太く大きい状況が安定している。たまに刺激臭が飛んで来て、声が裏返ったり鼻水は毎日あります。臭いは気づきません。咳も知らず知らずのうちにあったりしてますが、こちらも臭いは無いようです。私が周囲拡散型「胃臭」の患者の自覚を持ちその改善策を構築している立場、それと偶然にも目先20m前後の隣人に同じ症状の周囲拡散型「胃臭」を患ってて【くしゃみ・咳・吐き気】の刺激臭を拡散しそれに近隣住民や通行人が反応、それを聴こえた時、私が反応した時、起きてればその都度、観測統計用のブログに記録をとってます。犬の鳴き声やハエの異常行動の後の反応なども記録、このような臨床実験?世界中でここだけでしょう?そう考えると、毎日の観測が重要、この先改善に協力する予定ですが、本人家族が決めることで私からは何とも言えません。それで聴こえた音(刺激臭と臭い)を毎時記録してます。走り書き
posted by 吉郷悟 at 10:55| Comment(3) | DAY by DAY

2018年09月30日

PATMは胃臭の初期症状

そのように考えられます。長年の下向き作業がなければ、周囲拡散ではなく、無臭のくしゃみや咳を誘発する。それも室内や乗り合い車両の中、外では数メートル範囲内。十分考えられる。
続きは明日以降描きます。
ニコニコ大百科より抜粋
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
PATMとは、人に咳・くしゃみなどを引き起こさせる体質のことである。
people allergic to me
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私の観測では、20m離れた位置で刺激臭が飛んでくる。その中には臭いがある刺激臭と無い刺激臭があります。【くしゃみ・咳】には臭いがありません。鼻水が出て、目が痒くなったりはありますが、臭いはそれとは別に、便臭や生ごみの腐ったような臭い、自分の体臭が臭くなったような錯覚の臭いなど、まだまだ観測不足もありますが、【くしゃみ・咳】には臭いは感じません。PATMと周囲拡散型「胃臭」以下胃臭は同じ病気ではないと思われますが、その構成は【患ってる箇所と要因は類似】違いは、下向き作業をしていないので、気管支等からの臭いの拡散がない。刺激臭発散の度合いが違う。PATMは本人の周り数メートル、部屋や車両等の中では気流によって充満する?一方「胃臭」は数十メートル離れた位置でも【くしゃみ・咳・吐き気】の刺激臭を瞬間的に発散し大きな声で反応する。これに男女の区別はない。不思議に子供の反応は聴こえません。

共通点
くしゃみ、咳に臭いがない?

仮説、
胃臭は、コラーゲンなどで気管支、食道、胃、腸などにある筋肉を増強する。
左向きに寝ることで胃酸の逆流を防ぐ
ボイストレーニングで気管支を鍛える
胃腸薬を服用する。
食材の選別と食用油の摂取を控える。
このようなことで、胃食道逆流症と胃臭の症状は治まって改善してます。
あと、胃臭は臭気が強烈な為、青汁やみかんなども消臭作用期待で利用。

内視鏡で気管支や食道の炎症などがないか検査してみては?
食道の上下括約筋の緩みがないか?これは確認できるのですかね?
これで改善が観られる可能性はあると思います。

私の場合のくしゃみの原因は食用油の使いすぎと食べ過ぎ。
これをゼロに近くしたことで、くしゃみ、咳、吐き気の反応は消えてます。
この先はわかりません。今まで服用したものを止め始めたので、様子見してます。

イメージで胃臭とPATMは近い原因で発症している。胃臭は長年の下向き作業が加わって、それで気管支等から腸や胃の空気が瞬時に漏れる、止まるの繰り返し。

PATMの患者さんと情報交換できれば患者としてわかる様々な改善方法を探れそうですが???
posted by 吉郷悟 at 21:01| Comment(0) | 2018年過去ログ