2018年09月26日

筋肉の維持増強も大事

私、2016年1月7日にここの一戸建て(亡き叔父夫婦の家)に引っ越してきて、体重を計ったら53kgでした。外で粗造小屋(車庫2つ、ウサギ小屋、鶏小屋)を解体処理してた時、あちこちで転んでました。何でかな?と思ってましたが、今から振り返ると【筋肉の減少】だったみたいです。その頃、声もかすれてたし、嘔吐も数回繰り返し、刺激臭は1年半程酷いものでした。今わかる事は、鶏肉とお味噌汁を毎日食べてきたので、筋肉もついてきた。2017年1月には体重65kgまで増えました。その当時も食用油や鳥皮も食べてました。だから【くしゃみ・咳・吐き気】の反応があったのでしょうね!?それで、腕や胸の筋肉だけではなく気管支から食道を通り十二指腸や各種腸の筋肉も維持増強した方がよさそうです。食道の上部食道括約筋、下部食道括約筋など弱ってたら胃酸が逆流して食道や気管支に炎症が起こる。その先にある口の歯が溶ける。このようなことも刺激臭発散の原因のようですから、食事とサプリメントなどで筋肉をつけることも実践した方がよさそうです。私、糖尿病で鶏肉と卵が主食(笑)絹ごし豆腐、わかめ、玉ねぎ、みそのお味噌汁がおかず?みたいな軽食を毎日3食、間に落花生。どうしようなく空腹時はお米かラーメンを使います。結果的に、鶏肉などで腕や胸、脹脛、太ももなどの筋肉が復活、庭の作業も転ばなくなりました。60歳にもなると筋肉も減るようですね!何らかの対策をとった方がよさそうです。私は「こらぁ元気」というコラーゲンを一日1回ビタミンCのカプセルと飲んでます。それもあってか私からの刺激臭発散は完全に止まってます。くしゃみも止まってます。体中の筋肉維持増強も大事ですね!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
全日本民医連参照
kenkou_2010_12_01.gif
posted by 吉郷悟 at 17:56| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年09月25日

消臭は自然の産物が良い

私は口臭体臭の抑制剤であるものは、以前リステリンな利用してました。がその成果はありませんでした。なんか刺激が強烈で体には良くないと思いました。
それで今使ってるのは、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・青汁
・クマザサエキスのサンクロン
・お味噌汁
・昨日までオレンジジュース、これは止めて
・みかんの時期になったら1箱買って2か月程で消化予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
胃臭や体臭がある場合、強烈な抑制剤が消臭に良いと思われるでしょうが?それは危険です。自然に近い産物でないと化学物質などが混入した成分は、結構消臭作用もあるようですが、その反面症状が悪化していることが目先の患者さんの刺激臭で読み取れます。確かに、匂いは極力抑えられている。しかし、刺激臭には匂いは少なくても30m以上離れた人が5連発のくしゃみ(今朝新メンバー)とかすぐお隣10m前後の隣人までくしゃみ(お久しぶり)、東側20m離れた家の中から女性のくしゃみ2連発(くしゃみは新メンバー)が聴こえたり、ここ最近くしゃみの連発が増えてきてます。それから匂いが混ざった時は、3連発の吐き気の反応、今までで反応がエスカレートしてます。自分の匂いを消すには自然の産物がよさそうですよ!それから、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・括約筋や気管支などの体内運動(ボイトレ)や筋肉増強を実践する。
・左向きでねる。
・下向き作業を避ける。
・食材の選別をする。
・油脂の摂取を控える。
・自分の周りが反応した時、その時の自分の状況を分析・記録する。
 それを毎日繰り返す。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この病、抑制剤を含む対症療法だけでは改善しない。私は、そう思います。
posted by 吉郷悟 at 15:50| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年09月24日

何でも描きます

2003年から2015年2月まで賃貸住宅で暮らしてて、仕事場は隣にあって、それを2015年2月から9月末まで、会社事務所(約200坪)の2階一室で泊まり込みでお仕事、2015年10月から2016年1月7日まで賃貸アパートに戻り、その日ここの一戸建てに引っ越してきました。1年の間に3か所で住環境が変わって、一戸建てに引っ越して、食事の食材のせいもあってか、それまでに経験したことのない、周りの人の反応を目の当たりにした大変なショックと恐怖まで感じました。引っ越した年は、敷地内の粗造小屋5か所ほどを解体して更地にしました。200坪前後の敷地、っでその年の9月10日に煙草を止めて、10月10日からお経や歌をうたうことで改善が翌日に観られ、お隣の反応がその時は消えました。それから毎日お経を唱えるようになり、少しづつ食材を増やしたり減らしたり、悪戦苦闘しながらも、今の改善プロセスまでたどり着きました。今から思えば、事務所2階での8か月間のお泊り作業と一戸建てへの引っ越しの周りの動き(反応)を体験していなければ、今だに、自分から【咳・くしゃみ・吐き気】の刺激臭発散が続いていたかもしれません。この病気、なかなか向き合うのは難しいように思います。それで、目先同じ症状の患者さんがおられます。そうすると、世の中に、世界中に多くの患者さんがおられる。しかし、その病気が何かが分からないからどうしようもないで毎日が過ぎている。引きこもって暗い人生を送ってる人が居るかもしれない。そういったことを考えると。答えというよリは、こういった事で改善してますよ!この食材は止めた方がよさそう。声に穴がいたような現象は、落花生など豆類を食べた後に起きる現象では?下向き姿勢で長く居たら、それに睡眠不足が重なり、脂分の多い食事を摂ると、胃と食道の括約筋の弁が緩くなって胃臭が口や鼻から漏れだして【くしゃみ・咳・吐き気】の刺激臭を拡散するみたいだから気を付けた方がいいよ!脂分の摂取が【くしゃみの元】で胃食道逆流症になったら最悪な状態になる。。。1000人いれば1000人の症状があると思います。それでどんな些細なこともここで描いていこうと思ってます。ここにたどり着いた人が一人でもいたら、その人達の改善の一助になる事を願って失敗も繰り返しながら、ずっと継続しますので宜しくお願いします。この病気で人生を悲観しないで生きて行く為にも。。。走り書き
posted by 吉郷悟 at 13:31| Comment(0) | 2018年過去ログ

胃と食道の仕組み

体内の筋肉を作る(鍛える)ことも大事みたいです。剤盛堂薬品株式会社より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
口の中に入った食べ物は、食道を通って、胃へと運ばれます。胃の中では、胃酸や消化酵素などが分泌されており、これらをまとめて「胃液」と呼びます。この胃液によって、食べ物がある程度消化されます。胃は、胃自身が消化されてしまわないように胃液から保護する仕組みを持っています。ところが、食べ物の通り道である食道にはその仕組みが備わっていません。そのため、胃と食道の境目は、胃液が食道の方へ逆流してしまわないように“弁”として働く構造になっています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼ 画像クリックで拡大表示
image0021.gif
posted by 吉郷悟 at 08:23| Comment(0) | 2018年過去ログ

2018年09月23日

改善状況の確認方法

周囲拡散型「胃臭」の改善チェック暫定版
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1.近隣住民や通行人から【くしゃみ・咳・吐き気】などの反応がないこと。
2.落花生などを食べて下向き作業をしても、周りの反応がないこと。
3.外で庭仕事などで下向き作業をしてる時、周りの反応がないこと。
4.声の質を確認する。
  4-1.ロングトーンで長く声出しした時、声の穴空きがないことを確認する。
  4-2.お経を唱えるなどして、声が太く大きく安定していることを確認する。
  4-3.声のかすれや食道に炎症がない事を確認する。
5.自分の胃臭が出なくなれば、外部の刺激臭に反応するか?
  5-1.ここの場合、お隣に患者さんがいる為、便臭に近い匂いを感じる様になった。
  5-2.周りの刺激臭に反応して、くしゃみ・咳などの反応をするようになった。
  5-3.鼻水がでるようになった。くしゃみには匂いは感じない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ずっと前から声の質をチェックしていました。以前はストレナーの穴みたいなので声が複数に別れて、なんか安定していない声のトーンで感じてましたが、少しづつ声が安定してきて、今日のチェックでは、穴空きが観測されなかった為、ひょっとしたら改善されてるプロセスに入ったか?そうすると周囲拡散型「胃臭」の改善チェックは【声の太さ大きさに加えて、穴空き空気漏れみたいな音があるかないか?】そんな方法も加えられそうです。少し表現が難しいですが、取りあえず、暫定的に声の穴空きが改善されてるかどうかにしておきます。走り描き
  
posted by 吉郷悟 at 23:07| Comment(0) | 2018年過去ログ